青汁は痛風にも効果的?

画像の説明

ビールを飲みすぎて痛風になってしまったという話を良く健康番組で聞いたりしたことがあると思います。
痛風は生活習慣と密接に関わっている病気であり、乱れた生活をしているとかかりやすくなってしまいます。
そんな痛風に青汁が有効なのをご存知でしたか?
痛風とは主にお酒などに含まれているプリン体を過剰摂取が原因で発症する関節症です。
一定量であればプリン体を摂取しても体外に排出できますが、過剰に摂取してしまうと排泄が追い付かず体内にどんどん溜まってしまい、その結果血中の尿酸が増えて結晶となり、それが関節に溜まり炎症を起こします。
炎症が起きると激しい痛み、ひどい場合は気絶するほどの痛みを感じるという考えるだけでも恐ろしい症状が起こります。
初期症状としては足の親指の付け根部分から激しい痛みが起こり、その後足、ひざ、ひじ、手などの関節に広がっていきます。
また痛風を放置しておくと関節から激痛が走るだけではなく、尿路結石・動脈硬化など重い病気を引き起こす可能性があり、かなり危険です。
痛風を予防するためには例えばアルコール飲料や魚、肉などプリン体を多く含んでいる食べ物を控えることですが、食生活を変えるのが難しいのであれば青汁を飲むのがおすすめです。

青汁がなぜ痛風に効果があるのというとビタミンB群が含まれているからです。
ビタミンB群は体内で生成された乳酸を減らし、痛風の原因となる乳酸値を低下する効果があります。
また乳酸を減らすことで疲労感を軽減することができるので、毎日体が疲れている人にもおすすめです。
ビタミンB群の他にも青汁に入っている成分ではカルシウムが痛風の予防・改善に有効です。
カルシウムは体内の尿酸が結晶化するのを防ぐ働きがあります。
尿酸が体内で結晶化してしまうと白血球がこれを排除しようと密集し、その結果関節に激しい痛みが起こります。
つまりカルシウムは痛風による激しい痛みを抑える効果があるのです。
カルシウムを豊富に摂って痛風による痛みを和らげたいという場合は明日葉を配合している青汁を選びましょう。