花粉症には青汁

画像の説明

毎年花粉が飛ぶ季節になるとテレビの天気予報でも花粉の情報が流れるほど、日本では花粉症で苦しんでいる人が大勢います。
しかもその数は年々増加傾向にあり、日本人にとって花粉症はもはや身近な症状になっています。
そんな花粉症に実は青汁がとても有効なのをご存知でしょうか。

花粉症はアレルギー反応の一種であり、アレルゲン物質である花粉が鼻や口から入ることでアレルギー反応が起こり、鼻水が出たり目がかゆくなったりしてしまいます。
現代の医療では完治するのは不可能で、主に薬を投与して花粉症を抑えたり耐性を作ったりすることが主な治療法となっています。
しかし治りもしない症状のために薬を延々と飲み続けるのに抵抗がある人もいます。
そんなときにおすすめなのが青汁です。
青汁を飲めば花粉症によるアレルギー反応を抑えたり、花粉に対する免疫を強化したりすることができます。

なぜ青汁が花粉症に有効なのかというと、青汁の材料であるケールに花粉症の症状を抑える効果がある成分、糖脂質とフラボノール配糖体を含んでいるからです。
糖脂質は鼻やのどなどの粘膜を強化して炎症やアレルギー反応を抑える働きがあります。
つまりアレルゲン物質である花粉が体内に侵入してきてもくしゃみや鼻水など抑えてくれるのです。
糖脂質は花粉症によるこれらの症状を抑えるだけではなく、アトピー性皮膚炎による皮膚の炎症や痒みも抑えてくれるので、アトピーに苦しんでいる人にもおすすめです。
糖脂質とともにケールに含まれているフラボノール配糖体とはポリフェノールの一種で、アレルギー反応を引き起こすインターロイキン4という物資を減少させる働きがあります。
インターロイキン4とは体内にある物質で、アレルゲン物質が体内に侵入してきたときにそれを排除するためにアレルギー反応を引き起こします。
花粉症の場合、インターロイキン4が体内に入った花粉を排除するためにアレルギー反応を起こすことでくしゃみや鼻水、涙が出ます。
フラボノール配糖体はこのインターロイキン4を減少させることでこれらの症状を抑える効果があり、花粉症の症状による苦しさを軽減してくれます。