青汁で安眠生活

画像の説明

近年十分な睡眠を取ることができず、睡眠不足で悩んでいる人は老若男女問わず増えています。
そんな方におすすめなのが青汁です。
青汁は健康に良いことで知られていますが、実は安眠効果を持っているのです。
そこで今回はその青汁の安眠効果について説明していきます。

人間には「体内時計」という機能が備わっており、これによって生活習慣が確立しているのです。
「夜になったら眠たくなる」というのも体内時計によるもので、夜になったら眠り朝になったら起きる、といった生活リズムがとれるようになっています。
この体内時計には「メラトニン」というホルモンが関係しています。
メラトニンは光の量によって分泌量が調整されており、日が暮れて光が少なくなった夜に分泌が盛んになって睡眠を促し、日が昇って明るくなった朝にはあまり分泌されず覚醒するという働きを持っており、体内時計を維持するためには必要なホルモンです。
メラトニンの分泌は夜の9時から始まり、夜中の0~3をピークに朝の6時まで徐々に減少していきます。
しかし夜に強い光に当たってしまうとメラトニンは「今は昼」と勘違いしてしまい、分泌が抑制されてしまいます。
その結果体内時計が狂い、睡眠が促されずに寝たくても眠れない状態に陥ってしまいます。
またなかなか眠れない原因には加齢によるメラトニンの減少にもあります。
この状態が続いてしまうと慢性的な睡眠不足となり、睡眠障害だけではなく他の病気を引き起こす可能性もあります。
そうならないためにはメラトニンを摂取することが重要です。

青汁には様々な種類がありますが、特に安眠効果があるのは主にケールを使用しているものです。
ケールにはメラトニンが豊富に含まれており、睡眠不足に悩んでいる方にはまさにうってつけです。
しかし気を付けなければならないのは、ケールを材料にしている青汁はとても苦く、しかも青臭さもあるのでよほど飲みなれている人でない限り適当に買うのはおすすめしません。
始めての人は苦みや青臭さが少ないものを選ぶようにしましょう。